ボランドール劇団初登場!2015/08/03

ボランドール劇団初登場!2015/08/03

ボランドール劇団といっても楽団(バンド)で、シャンソンとロックを融合させたシャンソンロックという音楽ジャンルです。
メンバーは、ボランドール(VO.Gt)オスカー(Ba)クラハシ21世(Dr)で、近世ヨーロッパの貴族風衣装に身をまとい厚化粧という中性的で妖艶な男性グループです。
ボランドールという言葉は、インパクトも強く、どんな意味があるのだろう?と気になったのですが、実は「造語」で、言葉そのものには意味はないそうでびっくりです!
着飾っているのに飾らない感じではセンスの良さの表れでしょうか。とにかく、人を引き付ける「魅力」がありますね。

ボランドール劇団

シャンソンと聞くとどうしても我々は女性的な印象を受けてしまいます。
しかし、ボランドール劇団は風貌はそのものですが、ロックを融合させているので、
一般の方にも受け入れ易い仕上がりになっています。

レパートリーは聞き覚えのある「オーシャンゼリゼ」や「異邦人」などのカバー曲もあります。
オリジナル曲もショーに取り入れているので、初めて見る人でも楽しめるライブに仕上がっています。

MCも愉快で楽しい!
曲始まりのオスカーさんの語りは、昭和のシャンソン喫茶を思い起こさせます。(実際のシャンソン喫茶はよく知りらないので、私の中のイメージなのですが・・・)

ボランドール劇団

こちらの動画はオリジナル曲の「枝垂花火」
枝垂花火も造語で夏っぽいというので名づけたそうです。
オリジナルの世界観に浸れる素敵なバンドです。次回の登場も決定しましたので、スケジュールをぜひチェックしてくださいね。