ナニワドッグ

ナニワドッグ

関西地方では、ホットドッグといえば、必ずカレー風味のキャベツが入っている。

パンにソーセージだけのジャーマンドックとは全くの別物である。

関西人以外の人は、食べる前に気持ち悪いと言い、なかなか理解してもらえない。

私は子供の頃、京都の将軍塚で食べた移動販売のホットドッグの味が今でも忘れられない。

黄色い軽ワゴンの開けっ放しのバックドアから中のおじさんに注文すると、
ステンレス性のトングで予め炒めておいたであろう
カレー風味の黄色いキャベツをフライパンから掴み出し、
切り込みの入ったロールパンにたっぷり挟み、
更にその上にソーセージをおいてオーブントースターで焼いてくれる。

焼き上がりまで5分は待たなくてはいけないのだが、
その間にも、ロールパンの焼ける香ばしい香りが私の食欲を増進させ、
「まだか!まだか!」という気持ちを起こさせる。

5分後、焼きあがったホットドッグにケチャップとマスタードを
たっぷりかけ半透明のビニール袋に入れて手渡してくれるのだ。

ロールパンの表面は少し焦げ目があり、
サックっていう食感だが中はふわっとしていて、
同時に深みのあるカレー風味のキャベツとソーセージの肉汁がジュワっと広がり、
何とも言えない絶妙なバランスで一気に虜ににさせる。

あのサック!フワ!ジュワ!って食感が忘れられず、
どうにか再現出来ないかと色々試してみた。

始めはキャベツを一口大に切って、フライパンで炒め、
市販のカレー粉をまぶして味を付ける。

しかし、どうも粉っぽくて、
あのキャベツの甘みとカレー風味の絶妙なバランスが出せない。

次は、炒めたキャベツにお湯で溶かしたカレー粉をまぶし、
水分が飛ぶまで炒めてみた。

キャベツの甘みが増してだいぶ近づいたがまだまだ風味がイマイチ。
ザ香辛料!という感じで、キャベツの甘みがかき殺されている。

カレー粉を微調整するも中々風味が絡み合わない。
深みが無くぞれぞれ別々の味って感じ。

これはどうした物かと悩んだ挙句、
ある事を思い出した。

私が家でカレーを作るとき、
隠し味にコンソメの固形スープをよく入れる。

お湯でカレー粉を溶かす時、同時にコンソメの固形スープも溶かし、
それでキャベツを炒めてみた。

焦げないようにゆっくりと水分が飛ぶまで炒め、
少し水分が残る頃合で火を止める。
香りは上々、期待値が上がる。

お箸で少し摘み味見をしてみた。
「おお!この味だ!」

はやる気持ちを抑え早速ロールパンにソーセージと共に
挟んでオーブンで焼いてみた。

子供の頃、食べたあのホットドッグの香ばしい香りが
漂い更に期待値が高まる!

焼きあがったホットドッグにケチャップとマスタードをたっぷりかけ
一口食べてみた。

サック!フワ!ジュワ!やったー!!!!!

子供の頃、食べたあのホットドッグの味が再現され、
30年前にタイムスリップした気分だ!

あ~懐かしい!

ジョニーエンジェル新宿店で、
あの懐かしいホットドッグを「ナニワドッグ」と命名して販売しています。
関西の人は懐かしさを、それ以外の人は斬新な味をご堪能ください。